読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(仮)旦那がうつになっちゃった!

全米が泣いた…仕事が理由でうつにかかり、家族、職場、生きる希望を失いかけた男が、あがきながら再生し、奥さんにサプライズパーティーを仕掛けるまでの、リアルタイム300日全記録!

卒園式、、、?!


f:id:tyutsu:20170323202826j:image
今日は下の子の卒園式でした。

 

まず、行く前にひと悶着ありました。

私が、スーツが嫌いで、普段着で行くと言ったら嫁さんがキレたのです。

特にネクタイの首が締まる感じが嫌いなんです。

結局、ノーネクタイで許してもらいました。

 

 

式では泣かないだろうと思っていましたが、始まる前から、もうすでにウルッときていました。

 

「そこっ」と思われるかもしれませんが、父親の目線ではなく、男の担任の保育士に感情移入してしまい、一年間色々なことがあったんだろうなあと思うと、グッときてしまいました。

 

 

家では落ち着きがなく、上の子としょっちゅう喧嘩ばかりですが、椅子に座っているときも姿勢がよく、そんな些細なところにも、子供の成長を感じることができました。

 

トラップは他にもあります。

「思い出」という、一年間の行事のスライドショーや、先生たちの合唱、一番危険だったのは、男の担任の保育士の涙です。

後で分かったのですが、この方は新年度からは、他の市町村の職員として転出されるとのことで、込み上げてくるものがあったのではと思います。

 

 

それから、我が子に教えられることもありました。子供の頑張る姿勢、できないことに挑戦して、できるようになる嬉しさ、他人を思いやる気持ち、、、。

 

 

どこかに置き忘れてきたものばかりのような気がします。一体、どこに忘れてきたんだろう、、、(遠い目、、、)

 

 

夕飯時には、ひとしきり、保育園に預け始めた頃の思い出話をしました。

下の子は、預け始めるときから、あまり手が掛からず泣かなかったんです。

ゼロ才から通ったので、6年弱、保育園の先生方には本当にお世話になりました。

ほとんど、保育園に育ててもらったようなものです。

小学生になっても、友達をたくさん作り、思いっきり学校生活を楽しんでほしいです。

 

 

今週末には、また、パーティーの打ち合わせがあります。

具体的な内容について、詰めていきます。

最初は、嫁さんへの感謝を伝える気持ちから始めたことでしたが、二人の息子達にも支えられたことに改めて気づかされました。

 

 

列席される方、家族に対して、しっかり感謝の気持ちを伝えられるよう、頑張ります!