読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(仮)旦那がうつになっちゃった!

全米が泣いた…仕事が理由でうつにかかり、家族、職場、生きる希望を失いかけた男が、あがきながら再生し、奥さんにサプライズパーティーを仕掛けるまでの、リアルタイム300日全記録!

雨降って…?!

20161217170331

お久しぶりです。

今日も、リアルタイムの内容です。


今日は、ドレス試着第二弾でした。
しかし、その前に、朝からど派手な夫婦喧嘩が勃発!



後、上の子が行きたくないと言いだし、置いてくことに。



車内は、最悪のムード…😭


そんな中、下の子(年長さん)が、空気を察し、
「仲良くね!」だって。



結局、嫁さんの機嫌は直らず…。



その旨、コーディネーターに伝え、機嫌を良くしてもらうように頼み…🙇



カラードレスを着るウチに、何とかご機嫌に…。


最後は、ニコニコで、6着の試着を実施。
私もホッと胸をなで下ろしました。



ありがとー、Fさん、感謝しきれません😅



次回は、白系のウェディングドレスの試着。
来年です。


皆様も良いお年を!!

きっかけ…?!

こんばんは。



今回は、フェリスクレール(ウェディングプランニング会社)へ、頼むことにしたきっかけを書こうと思います。



私にとって、とても貴重なできごとだったので…。



実はきっかけは全くの偶然でした。

下の子(年長さん)の、保育園の先生(女性)の結婚式に、子供がサプライズで呼ばれ、送って行った場所が、フェリスクレールだったんです。



私は最初、車で待っているつもりでした。

ただ、ヒマだったのと、何となく虫が知らせたのか、嫁さんへのサプライズパーティーについて相談してみたくなり、中に入ってみることにしました。

(この時はまだ、他にもウェディングプランナーや企画会社などをネットで検索してみるつもりでした…)



応接室に通され、年配の落ち着いた雰囲気の方が、スッと入ってきました。



いきなりの訪問をお詫びすると共に、

頭にあった、まだはっきりと形になっていないサプライズパーティーのことについて、思いつくまま、勢いよくぶちまけてみました…

(伝えるというよりは、この表現に近かったと思います😅)





実は、この時の相手が、社長だったんです…(名刺もらってたのに、すぐには気づきませんでした、すみません)



社長は、私の話を、まずは黙って聴いてくれました。



その後、私のプランに対する提案だったりとか、その内容についての私の考えや想いを伝えたり、といった時間を経て、私の中にあった漠然としたプランが、どんどん整理され、輪郭がはっきり、作られていくのを感じました。



また、このやり取りを通して、社長の誠実さや、温かみ、懐の深さなどを、しっかりと感じることができました。

(正直、こういうことを仕事にできるって羨ましいと思いました…大変さもあると思いますが…)



あっという間に時間が過ぎ、そろそろ子供たちのほうのサプライズが始まる時間になりました。



来るまでは見るつもりは無かったのですが、社長に勧められ、見ることに…。



サプライズ自体は終わっていましたが、

チャペルから出てくる保育園の先生の目に涙がにじんでいるのを見たとき、不覚にも、胸がキュッとなるのを感じました😆

(改めて、サプライズっていいな~と思いました…😊

嫁さんからは、最後だけ見て、何分かったようなこと言ってるのと、ツッコまれましたが…



そしてこれも何かの縁と思い、フェリスクレールに嫁さんのサプライズパーティーのプランニングをお願いすることにしたのです。



そんなこんなで始まったこのサプライズパーティープラン、

今後は、社長、Kさんと共に、絶対成功を目指して、

嫁さんにバレないよう、最後までやり抜きます…(やれるかな…😅)




最近、上の子(小6)が、反抗期なのか、

私がきつく叱ると、「秘密をバラすぞ

と脅してきます…😧(彼はサプライズのことを知っている)



嫁さんも少し怪しんでいて、ヒヤヒヤです…😭


(何故か、フォントサイズがバラバラになってしまいました。読みづらくてすみません)




最悪…?!

とりあえず、3 ~4日休むだけのつもりだった。


しかし、主治医からの指示は、一ヶ月の自宅療養。


でも、正直な気持ちは、休めることが有り難かった…。とにかく眠りたかった。

 


しかし相変わらず、夜は眠れなかった。

 

 

薬もそんなにすぐには効かず…。

 

眠れない夜は、ろくでもないことばかり、考えてしまった…。



眠れない疲労感と、うつのイライラから、子供や嫁さんに当たってしまい、そんな自分に自己嫌悪に陥る…。


今思えば、この頃が一番最悪だった…。


だから、あんなことをしてしまったんだと、今なら思える…

打ち合わせ…?!

今日は、リアルタイム進行です。



「フェリスクレール」(サプライズパーティーの会場)にて、今後についての打ち合わせ。


パーティーの内容について、ブラッシュアップしていきました。



ここで、今回の担当、Kさんから嬉しい提案が…。


当初、ウェディングドレスを着て家族写真をとるのは、別の場所の予定でした(いわゆるスタジオ)



それをフェリスクレールのチャペルでどうか、と言って下さったのです。
結婚式を挙げていない私たちにとって、願ったり叶ったりです。
それからも色々と話し、あっという間に2時間が経過。楽しい時間は早足で過ぎていきます。




F社長、Kさん、これからもよろしくお願いします!

休職…?!

受診して、服薬しながら様子を見ることになった。


知人からも言われていたし、先生からも言われたが
すぐに薬が効く訳ではなかった(そんな即効性のある薬があったらむしろ色々怖いが…)


相変わらず眠れない、何もやる気が起きない、怒りっぽい(これは元々かも😓)


仕事を必要最小限こなし、帰宅後は、ご飯もそうそうに横になる…

 
階下からは、家族の楽しそうな声が聞こえる、
それがまた、カンにさわった…


後10日で異動で増員になるって日、現場で仕事をしていたが、心の中で何かが切れてしまい、もう無理だと思ってしまった。


その場から嫁さん、主治医に電話するも、こういう時に限って誰とも連絡がとれず、帰社。
上司に事情を説明し、とりあえず月末まで休ませてもらうことに…。


帰って嫁さんにも説明。実は嫁さん、今月末に退職する関係で、無茶苦茶忙しい状況だった。


でもイヤな顔一つせず、ゆっくり休んでと言ってくれた…。    


とても有り難かった…

はじめての精神科医…?!

精神科医は初めてだった(普通はそうだよね)


ロビーの待合室にいる方たちは、一様に暗い表情。


先生に、症状をまとめてきた紙を渡す。
その位から、どんどん躰に重しが乗ったような気分に…。


先生は、はっきりと「うつですね」と告げた。
特に何かを感じなかった。
実は、1年くらい前から、幼なじみ(同じ会社に就職)も、メンタル疾患で休職していて、その時に少し本を読んで、知識はあったから。


この時点で、休職は考えられなかった。来月から、一人出向になる方がいて、忙しくなるのが分かっていたからだ。



先生にその旨伝え、薬を出していただくことに…。


今思えば、この時休んでいればと思わなくもないが、この時は、何とかなる、いやだましだましやるしか無いと思っていた…

相談…?!

相談したのは、シニアで同じサッカーチームのGK。

普段は、精神科医をやっている。

 

 

症状を伝えると、早めの受診を勧められ、 病院を教えてくれた。

その日のうちにアポを取ると、明日来て下さいとのこと。


 翌日、早速病院へ。



 前の日の夜は、中々寝付けなかった…